Menu

墓地の種類

手を合わせる人

それぞれ特徴があります

多摩には多くの霊園がありますが、多摩を始めとして街中ではなく郊外に建設するのが非常に多く見受けられます。霊園には民営と公営の2つがあります。霊園は寺院に属さない墓地の事を一般的に指しますが、寺院に属さない事で宗派関係なく利用できるメリットがあります。民営は宗教法人等が運営しますが、公営は市町村や都道府県が運営しています。また霊園は郊外にある事が多い為に、その分周りの環境等は充実しています。民営の場合は送迎バスや駐車場等のサービスが充実している上に墓石やデザインに制限がありません。公営の場合は民営と比べると永代使用料や管理費が安いですが、申込は抽選の為に利用できない事が多々あります。また民営と比べると様々な条件が付いてきます。このように霊園は大きく2つに分かれますが、選ぶ際には費用だけでなく立地・環境・設備・管理の4つをポイントとして比較する事が大切です。霊園は永代供養をしてくれる点で遺族や家族にとってはメリットが高いと言えますが、墓地の種類としては民間・公営霊園以外に寺院墓地があります。この場合は永代供養をしてもらえますが、寺院と同じ宗派である事が大前提となります。また寺院に寄付をしたり、寺院の世話をする檀家と言う制度がありますが、檀家になる事が寺院墓地には必要です。このように同じ墓地や霊園でもそれぞれの経営母体等によって特徴があります。また遠方でなく近隣の多摩地区や多摩近郊の霊園を選ぶと今後のお墓参りがしやすい等の利点があるのでその点も考える必要があります。

Copyright© 2017 霊園の購入を検討しているなら|チェックすべきポイントを確認しよう All Rights Reserved.